インテリア、家具を選ぶ際に考えなければならない色の持つ心理5色

黄色は元気

皆さんは好きな色はありますか?
家具インテリアを決める時【北欧風】【ナチュラルテイスト】など系統やテイストを決めるのも大事ですが
忘れてはならないのが色の持つ心理面での影響です♪

意外と人の心理面に影響する?!色の持つ効果を最大限に発揮するには?

例えば


⓵安らぎ、落ち着きを与えてくれる色
⓶朝を元気に迎えられる色
⓷集中できる色

などです☆
寝室、リビングなど目的や用途によって色を考えてみるのも良いのではないでしょうか?^^

まずは情熱の赤!!!

赤の持つ役割:体感温度も上がり体がポカポカ!積極的な気分にさせてくれる!

☆赤の使い方
赤の持つパワーはすごいです☆
ある研究によると血液の流れが良くなり、落ち着きがなくなりソワソワする。実際に体感温度も2度ほど上がるのでリビングなど元気に過ごしたい部屋や日当たりの悪い場所や冬であれば風呂場に使うなど、寒いと困る場所!に使うのがBESTだと思いますよ^^
逆にリラックスする寝室などに置くとポカポカして眠れない可能性もありますのでご注意ください^^

次はしっとりゆるやかな青!

☆青の持つ役割:リラックスにも集中にもバッチリ☆落ち着く色。

〇青の使い方
イメージとしては静か、穏やか、論理的、集中、リラックス、このような意味合いがあります。
喧嘩のあと、怒りに満ちている時など心を鎮めてくれる効果が多少あります(個人差はあります^^;)
部屋としては「勉強する部屋」や「寝室」などに使うのがBESTといえるでしょう^^☆
皆さんご存知のように食欲減退効果もあるので減量やダイエットにも◎です☆

元気が出る黄色!

☆黄色の持つ役割:注意喚起

なぜ注意喚起かというと。停止の意味を持つ注意標識などに多く黄色が使われているのを目にしませんか?
これには交感神経、副交感神経を刺激し気づいたりしやすい意味があるそうです。
食欲増進効果もあるので、リビングなどに積極的に使うのが吉ですね^^

色のイメージそのまま?癒しのグリーン

☆緑色の持つ役割:精神の回復、癒し

平和で穏やかな気分にさせてくれる効果があります。インテリア家具だけで考えるのではなく観葉植物などで色を取り入れるのもGOODですね^^
温泉地や、リラックスできるスペースには何か緑色が多く使われているイメージがありませんか?
家族が団欒してリラックスする場所などに使うと効果があります☆

エネルギーの塊!オレンジ

☆オレンジ色の持つ役割;赤と黄色のパワーを持ち合わせた色☆

エネルギッシュなカラーです☆

赤の積極性、黄色の活発性を足した色です。
とにかく明るい印象にする事ができます♪食欲増進効果もバッチリあります。
なので人が集まりやすい色ともいわれており飲食店など食堂やみんなが集まる暖かい雰囲気に
させたい場所に使うと気分も上々でしょう☆

インテリア目線の色使いはどうでしたか?

好き嫌いもあるので一概には言えませんが参考までに色についても考えてみてください^^

NSNの通販部門【NSNインテリア】へ是非お越しください♪

国内外からオシャレなアイテムをセレクトして販売しております♪まずはお気軽に訪問してみてくださいませ^^
アンティークライクな食器棚や北欧系アイテム、ポケットコイルのソファなど全品【送料無料】でやらせて頂いております(*^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です